トップページ > システムエンジニアとプログラマーについて

システムエンジニアとプログラマーについて

こちらでは、システムエンジニアプログラマーの違いについてご紹介します。なかなか職種が決まらない場合は、業務内容に注目してみましょう。

システムの提案・設計をするシステムエンジニア

魅力的なシステムを開発するためには、ヒアリングを取り入れてクライアントの要望を聞き出す必要があります。クライアントのニーズに合ったシステムを設計するため、ヒアリングもシステムエンジニアが手掛ける大切な業務の一つです。もちろん、場合によっては構築まで行うこともあります。

一般的にシステムエンジニアは、クライアントが希望するシステムの内容を把握し、ニーズに合ったシステムを作るために必要となる設計書を作る、アフターフォローなどのマネジメント業務を行う職種と考えておくと良いでしょう。

設計したシステムを作るプログラマー

プログラマーの業務は、システムエンジニアが提案・設計したシステムを構築することです。作成したシステムの確認テストや修正、納品も行う特徴があるため、システム開発に関する技術を身につけたいと考えられている方には、成長に繋がる環境となるでしょう。システムを制作する際には、設計をしたシステムエンジニアと協力をすることが大切になるため、実装力だけでなく協調性が必要となります。

システムエンジニア(SE)と、プログラマー(PG)の業務内容には違いがあります。注目を集めているIT業界の技術者として働きたいと考えられている場合は、それぞれの業務内容や役割を知っておくことで入社後のミスマッチを防ぎ、楽しく・効率良く業務に取り組める職種を選ぶことが出来ます。

大阪府で、システムエンジニアやプログラマーの求人情報をお探しの方は、大阪市にある当社にお問い合わせください。当社では、ステップアップしたいと考えられているシステムエンジニアや、プログラマーを募集しています。サポート体制をしっかりと整えていますので、システム開発に携わる求人情報をお探しの方はもちろん、経験が浅い方と不安を抱えられている方もご安心してご応募ください。

Copyright(C) C&D System Support Co.LTD All Rights Reserved.