トップページ > システム運用・保守の役割

システム運用・保守の役割

今や企業運営に欠かせないコンピュータシステム。そのコンピュータシステムが突然停止してしまったら、どのような問題が起こるでしょうか。日常業務に支障をきたすだけでなく、企業の機能自体が停止する恐れがあります。万が一のトラブルを回避するには、システムの運用・保守が非常に重要となります。

システム運用とは

【システムの運転・監視】
マシン・アプリケーションの起動・停止、入力・出力作業、バックアップ作成・保管、メモリ使用量・CPU利用率などの監視、バッチジョブなどの異常監視といった作業を行います。事前に障害発生の前兆を察知する役割を担っています。

【バグ・トラブル対応】
何らかの障害が発生した場合、迅速なシステム復旧が求められます。障害に関する情報の収集をはじめ、原因究明、拡散防止、関連部署への連絡、システムの回復・記録など、恒久的な対応策を講じます。

システム保守とは

システムを一定期間稼働していると、システムの一部に変更、または新たな改善が必要になる場合があります。このシステム変更・改善作業全般がシステム保守になります。
アプリケーション保守、ジョブスケジュールの保守、インフラの保守に分けることが出来ます。

バグ・トラブルの原因究明、バッチジョブの性能改善、ネットワーク環境の障害対応・改善、周辺機器やサーバ、OS、端末などのリプレース・アップデート、改善要望などの業務に対応します。システム自体に対応するため、システムに関する知識やプログラミングスキル、素早い対応力などの技術が必要となってきます。

システム開発を依頼する場合、システムの機能修正や改善、予期せぬトラブルなどに素早く対応出来るよう、運用・保守サービスの体制もチェックすることが大切です。
当社は中小企業様を中心に、オーダーメイドの販売管理システム開発を承っております。
実績のあるシステムでお客様の問題解決に取り組んで参ります。

Copyright(C) C&D System Support Co.LTD All Rights Reserved.