トップページ > 販売管理システム開発で信頼を得る

販売管理システム開発で信頼を得る

食品は人の体内に入るものであるため、常に消費者からの厳しい目があります。
近年では、牛肉や菓子類で製造日や賞味期限の偽装が相次いでいることもあり、より正確で、きめ細やかな品質管理が必要とされています。
消費者からの信頼を得るために、販売管理システム開発で注目されている管理機能についてご紹介します。

ロット管理システム

品質管理において、ロットまで管理することは有効な手段です。
ロット別に在庫情報を把握していることで、ロット単位での入庫・出庫に迅速に対応することが可能となります。
また、賞味期限や使用期限の管理が容易となり、食品の鮮度管理に役立ちます。

万一、問題のある商品が発見された場合でも、ロット別に履歴情報を追跡出来るため、どの原材料に問題があるのかが明確になり、効率良く原因を究明することが可能です。

トレーサビリティ管理システム

トレーサビリティは、食品の流通経路について、生産段階から最終消費段階までの追跡が可能な状態です。
食品は一般的に、原産地や品質、製造・飼育方法を外見から判断することが困難ですが、トレーサビリティ管理システムがあれば、原材料の安全性や品質を正確に記録出来るため、消費者からの問い合わせにも迅速に対応することが可能です。
最近では、海外の輸入食材における安全性の問題もあり、トレーサビリティの重要性は広く認識されています。

販売管理システムで正確に管理

食品管理に強い販売管理システムがあれば、膨大な情報の管理を手作業で行ったり、既存システムの限られた機能で管理するよりも、ミスのない正確な品質管理が可能となります。
販売管理システム開発をプロに依頼することで、現場で必要な機能を厳選し活用することをおすすめ致します。

大阪市に所在する当社では、販売管理システム開発を通して、確かな技術でお客様の業務改善をサポートさせて頂きます。大阪をはじめ、京都や神戸などの関西エリアに対応しております。
現在お考えの欲しい機能がございましたら、お気軽にご相談ください。経験豊富なスタッフが、親切・丁寧にお応えします。

Copyright(C) C&D System Support Co.LTD All Rights Reserved.