トップページ > 販売管理システムで在庫のコントロール

販売管理システムで在庫のコントロール

在庫ロス削減の課題

食品業界が抱える課題として、過剰在庫によるロスの削減が多く挙がるのではないでしょうか。
在庫ロスは食品業界のみならず、小売業や流通業においても発生するものです。現在の日本では、欲しい時にいつでも商品が手に入るのは当たり前という消費者の常識があります。

企業側は顧客満足・欠品回避のために、商品の在庫を常にゆとりある状態に保っています。しかし過剰な在庫は、やがて食品ロスとして早々に廃棄処分されることになります。
日本は食料の6割以上を輸入に頼っているといわれますが、はるばる海外から運ばれてきた食材が、食べられることなく廃棄処分されるケースも少なくありません。

在庫ロスを削減するためには、どうすれば良いのでしょうか。

在庫のコントロールが有効

在庫ロスの根本的な原因は、販売・出荷できない商品を多く抱えていることにあります。過剰在庫であったり、期限切れであったり、欠品していたりと、その状況は様々です。
これらの状況を深く掘り下げていくと、在庫のコントロールが適切ではない、という1つの課題が見えてくる場合もあると思います。

食品業界における在庫のコントロールは、過剰在庫の管理をはじめ、賞味期限・消費期限の管理、発注点・欠品管理、売上データ分析などの事項に細分化することが可能です。
在庫ロスの削減を実現するためには、在庫をコントロールする仕組みを構築することが有効です。
その対応策として、口コミでも高い評価を受けている販売管理システム開発があります。

在庫とはお金が姿を変えたものであり、それをコントロールするということは、資金繰りの改善、ひいては経営改善の実現に繋がるのではないでしょうか。
在庫ロスの課題解決に向けて、販売管理システム開発をご検討頂ければ幸いです。

当社では、食品に特化した販売管理システム開発を行っております。
業界特有の現場ニーズに対応した実績のあるシステムで、過剰在庫ロスの削減に貢献いたします。
販売管理システム開発のお見積もりのご依頼は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Copyright(C) C&D System Support Co.LTD All Rights Reserved.