トップページ > 費用を無駄にしない飲食店経営

費用を無駄にしない飲食店経営

販売と仕入れは密接に関わっているため、販売を管理することは食材の仕入れ費用や経営に関わるその他の支出管理もスムーズにします。こちらでは飲食店経営をご検討中の方向けに、費用を無駄にしない一工夫をご紹介します。

経営者としての金銭感覚

飲食店の経営でどのような状態が成功しているのかと考えたときに、利益が出ていて、尚且つ顧客満足度の高い商品・サービス提供が出来ているということが挙げられます。

成功させるには限られた予算の中で、どうやってやりくりするかが勝負なので、3大経費と呼ばれる食材や飲料の仕入原価・人件費・地価、自店舗の損益分岐点に対しては敏感でいる必要があります。
販売管理システム開発や仕入れ管理システム開発は店舗経営において収支のバランスを取る大きな武器になります。

メニューを工夫する

飲食店の経営にとって絶対に外せない費用といえば、調理に使用する食料品の仕入れ費用です。
これらは、いかにクオリティを高く保ったまま原価を抑えられるかが勝負になります。
例えば大根の根の部分のみを使用するメニューがある場合には、別に葉の部分を使うメニューを開発するなど「余り部分」を使うメニュー開発で食材の無駄を減らす方法もあります。

周辺の地域情報にもアンテナを張っておこう

費用を無駄にしない飲食店経営

飲食店の経営をしていると、いわゆる「不測の事態」が起こることもあります。例えば、かき入れ時の土曜日・日曜日が台風とかち合ってしまい、客足が遠のいてしまったケース。
また、比較的売上げが伸びないと予測していた日に近所でイベントがあって予想を超える来客があり、食材が足りなくなったといったケースです。

店舗経営において、天気予報や周辺地域のイベントスケジュールは年間を通して把握しておくことが必要です。
販売管理システム開発は不測の事態を含めた年間の売上推移を可視化することで、次年度の経営指針を判断する材料となります。

飲食店経営のように食べ物を扱う事業は、ライバル店舗の多さや食品に対する顧客の目の厳しさといった点で難しいものです。販売管理システム開発は、難しい飲食店経営においても様々なところでお役に立つものになります。

Copyright(C) C&D System Support Co.LTD All Rights Reserved.